2017/04/26.Wed

2017ぎふ清流マラソン 参加!

今年も、ぎふ清流ハーフマラソン に参加してきました!


今年は例年より1か月早い4月の開催。

5月末とは違い、気温上昇の心配はありませんでしたが、

今年も快晴! 普段、夜にしか走らない私にとっては日差しが厳しかったです。。。


今年は練習不足だったので、無理せず楽しんで走ろうと心がけました。

という事で、走っている途中で写真も撮ってきました。

IMG_2463.jpg

1万3千人の参加者、初めはゆっくりと歩きながらのスタートです。

金華橋を渡り、岐阜駅へ向かい、折り返して川原町へ向かいます。


IMG_2464.jpg

7キロ地点、少し疲れも出るころですが、川原町は雰囲気が良く

沿道の皆さんも華やかで、力を貰えます。


IMG_2465.jpg

今年はしっかり給食を楽しもうと思い・・・

毎年、恒例のイチゴ(濃姫)をゲット!

その他にも、バームクーヘン、ういろう、マフィン、バナナ、塩飴など

欲張って色々な方から給食を頂きました。

給食は、速く走る場合は取れないし、遅く通過すると無くなってしまうし、

真ん中あたりで走るのが、楽しむポイントですね。


IMG_2466.jpg

13キロ地点の千鳥橋

景色を楽しもうと・・・写真を一枚!

ここの高低差が私にとっては一番きついポイントです。

コースは厳しいですが景色は最高です。


IMG_2467.jpg

16キロ付近

金華山が見えてくると、疲れもピークですが後は気力で!

沿道の応援もまた増えはじめ、

18キロ付近では髙橋尚子さんもハイタッチで応援してくれます。


IMG_2468.jpg

競技場に戻り、ゴール!

最後は、野口みずきさんが今年もハイタッチで迎えてくれました。。。


IMG_2480.jpg

4回目の参加となった、ハーフマラソンですが、

一年一年、違った思いで走っています。


毎年素晴らしい大会を準備して下さる運営やボランティアの皆さん・・・

沿道で応援をしてくれる方々・・・

苦しそうな私に声をかけてくれた、同じ参加者のランナー・・・

体調を気遣いながら、大会へ送り出してくれる家族・・・

皆さんに感謝です。。。


今年の経験で、

マラソンをこれからも長く楽しむ方向性が見えて来たような気もします。

無理なくこれからもマラソン、続けて行ければと思います。。。









岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
HPはこちらから
http://www.sindesignroom.com
スポンサーサイト
出来事 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/19.Wed

K様邸 基礎工事

K様邸 基礎工事の配筋検査を行いました。

k-1_20170419163419ad7.jpg

隣地の樹木の伐採も終わり、現場もすっきりしました。

当日は大雨。。。

先週、町内会の溝掃除の為に新調した長靴が大活躍(笑)

何かと自然の影響を受けそうな現場ですが、

建前だけは、晴れて欲しいですね!


k-2_20170419163421b94.jpg

k-3_20170419163422582.jpg

鉄筋のピッチや定着長さをチェック


k-4_20170419163424202.jpg

寝室やアトリエが一階、ウッドデッキもあるので基礎面積が大きいです。

鉄筋が綺麗に並び、なかなかの爽快感!

翌日、コンクリートの打設へと進みます。


順調に進めば、来月には建前です。

土地の取得や手続き・・・着工まで色々と時間がかかってきた現場なので、

建物が立ち上がるのが本当に楽しみです。








岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム
HPはこちらから
http://www.sindesignroom.com
現場報告 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/12.Wed

「時」でつなぐ

さくら

少し前ですが、名古屋を拠点に活動をされている、

建築家の間宮晨一千さんの講演を聞く機会がありました。

間宮さんは建築設計以外にも、

街づくりやイベントなどの企画も手掛けてみえるとの事です。


現在も春日井市高蔵寺ニュータウンの街づくりを担当されているそうですが、

その中でキーワードにしている一つが 「時」 だそうです。

古くから日本の地域や人をつなげてきたのは祭り。

しかし、祭りは宗教的な部分もあり、今から新たに作り上げるのは困難です。

そこで、これから地域や人をつなげるのは

「時」 ではないか? と言われていました。


この言葉に、とても共感しました。。。


例えば、お花見・・・皆さん行かれましたか?

これも、この時期だけの 「時」 の共有だと思います。

数人で集まってお花見すればもちろんですが、集まらなくても、

「あそこの桜、綺麗だったよ」 とか、 「私が見た時は散り始めてた」 とか

話をするのも、「時」 の共有になると思います。


家庭に当てはめても同じだと思います。

庭に咲いた花を楽しむ。。。

リビングにお気に入りの雑貨や絵を飾る。。。

庭でとれた野菜を食べる。。。

共通の 「時」 ・・・ 「もの」 「場」 が

家族のつながり、絆を育ててくれる事と思います。


色々な 「時」 を想像しながら家づくり、進めて行きたいと思います。









岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
HPはこちらから
http://www.sindesignroom.com
設計業務 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/05.Wed

お庭、改造計画!

先週、映画 「人生フルーツ」 に感銘を受け・・・

今週、私たち夫婦は、早速、お庭改造計画を進めました。。。

IMG_2413.jpg

オープンスペースが多かった庭を雑木林風に・・・とは以前から思っていましたが、

今まで少なかった、畑スペースを広げ、果樹を植える事にしました。


メインは栗の木。

渋皮が簡単にむけて、最近人気があると言う、「ぽろたん」 を選びました。

IMG_2414.jpg

IMG_2415.jpg

果樹は受粉させる為に2本植えなくてはなりませんが、

「ぽろたん」 には、「美玖里」 が、相性が良いとの事です。

美玖里(みくり)・・・って、逃げ恥を思い出しますね(笑)


何年後に実がなるのか?

10年~20年後に、この庭で孫と栗拾いをして、栗きんとんを作る・・・

そんな光景を思い描いています。。。


その他にも

IMG_2416.jpg

IMG_2417.jpg

甘夏やキウイフルーツを植えました。


人生フルーツの、こつこつ、ゆっくりと・・・のはずが

この日は朝から、枯れかかった木を伐り、根を掘ったり、

芝生をめくり、土を耕し、

ホームセンターへ苗木や肥料を買いに行き、夕方に植付け。

休む間もなく作業して、体もへとへと。

今日しかやる時が無い・・・と思うとついつい。。。


何でも、早く形にしたくなる、私たち夫婦。

修一さん、英子さんご夫婦の様になるには、まだまだ時間がかかりそうです(笑)


オープンスペースで子供とプール遊びしたり、紙飛行機を飛ばしたり、

砂場遊びをしていた頃も懐かしいです。

家と同様に、庭も家族の成長と共に変化させて行くと良いと思います。


たくさん色々な果実や野菜ができる日が楽しみです。。。








岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
HPはこちらから
http://www.sindesignroom.com
お庭 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/29.Wed

映画 人生フルーツ

映画 人生フルーツを観て来ました。

IMG_2403.jpg

戦後、日本の数多くのニュータウン計画に携わってきた建築家の修一さん(90歳)

そして妻の英子さん(87歳)

自身が計画した春日井市の高蔵寺ニュータウン。

風が抜ける緑豊かなニュータウン計画だったが、時代はそれを許さなかった。

高度経済成長時代、出来上がった団地は、

戸数優先の団地、修一さんの理想とはかけ離れたものだった。。。


そんな団地に少しでも里山の緑をと、

高蔵寺ニュータウンに300坪の土地を購入し、生活を始める。

雑木林に畑・・・

何十年も、時間をかけてゆっくりと作りあげていく。


晩年の二人のゆっくりとした豊かな暮らしを覗いた、

ドキュメンタリー映画です。


IMG_2408.jpg

ときをためる暮らし。。。

だんだん美しくなる人生。。。

樹木希林さんのナレーション。

  風が吹けば、枯れ葉が落ちる。
  枯れ葉が落ちれば、土が肥える。
  土が肥えれば、果実が実る。
  こつこつ、ゆっくりと。
  人生、フルーツ。

たくさんの素敵な言葉が、心にしみました。


IMG_2407.jpg

豊かに暮らすとは、こういうことだと思います。

分かっていても、実現できる人は、なかなか、いないのではないでしょうか?

私も晩年は、こんな暮らしを妻としたいなと・・・

現役引退までに、雑木林と畑の土地を確保しないといけませんね(笑)


修一さん英子さんご夫婦の様な生活を

今から少しずつ、こつこつと、取入れて行けたらと思います。

まずは、修一さんの黄色のプレート、これをまねさせて頂きます。。。


「君の名は」 では、キュンキュンもしないし、涙も出ませんでしたが、

「人生フルーツ」 はウルウルしてしましました。

私も、本当に齢をとったな~と、しみじみ思います。


だんだん美しくなる人生・・・

私も、そうなれるように、日々、暮らして行きたいと思います。










岐阜 設計事務所
株式会社 シンデザインルーム 古川真治
HPはこちらから
http://www.sindesignroom.com
出来事 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »